Public Law Practice Association.

開催のお知らせ

研究会の開催について

◆行政判例研究会について
第二東京弁護士会の継続研修として1時間につき1単位が認められます。
会員以外の方は、資料代として2,000円を当日受付でお支払ください。

法律実務学会専門家ネットワークについて
法律実務学会専門家ネットワーク』の参加を募集します。 詳細はこちらをご参照ください。

判例研究会等のご出欠は、事務局井澤にご連絡ください。
E-mail: info@plawpa.org

平成28年8月 実務公法学会行政判例研究会 開催(開催延期)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  8月 公法研究会・実務公法学会判例研究会
  開催延期となりました:日程調整中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公法研究会及び実務公法学会 8月判例研究会を
下記日程で開催致しますので、ご案内申し上げます。

日時:平成28年8月3日(水)17:00~20:00
開催延期となりました(日程調整中です)
  
会場:弁護士会館10F1003号室 (表示:公法研究会)
住所:東京都千代田区霞が関1-1-3


大きな地図で見る


[概要]
今回は、災対法及び災害法務に焦点をあて、
講師に内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(総括担当)林 俊行氏
及び中野明安弁護士をお招きした特別プログラムとなります。

そもそも災害法は防災、応急対応、復旧の3段階で構成されており、
また応急対応についても、警察、消防、自衛隊の3つの視点からの
アプローチが必要であり、権限についても政府、県知事、市区町村長と
複雑に入り組んでいいます。

過日の熊本地震対応の反省、課題を含めこの機会に「災害法務」を
概観して
おきたいと考えています。

皆様のご参加をお待ちしています。

[プログラム]
17:00  開会挨拶 尾見博武弁護士
    実務公法学会理事、公共ネット常任理事
    元内閣府政策統括官(防災担当)

17:10  演題:災害対策基本法について
    講師:林 俊行(はやし としゆき)氏
    内閣府政策統括官(防災担当)付 参事官(総括担当)

18:10  質疑応答

18:30  演題:仮題/災害法務について
    講師:中野明安先生
    弁護士、実務公法学会理事、公共ネット理事

19:30  質疑応答
20:00  終了


button08_moushikomi_01.jpg


参加費:会員無料
非会員(士業):2,000円(資料代)
非会員(一般):3,000円(資料代)
(懇親会費は会場にて実費をいただきます)

[資料について]
ご講演資料は参加お申し込みの方へ事前にメールで送信します。
お手数ですがプリントアウトされまして当日御持参下さい。
会場で資料配布は致しませんので、予めご了承ください。


※この定例会は、第二東京弁護士会の継続研修として1単位が認められます。
※講演資料は事前にメールにて送信の予定です。